食物繊維が決め手

最近、キャベツダイエット法をテレビや雑誌でよく目にします。
キャベツダイエット法とは、簡単にいうと、食事の前に一定の量のキャベツを食べることで、咀嚼回数を増やして満腹中枢を刺激します。
その結果、その後の食事量が少なくても満腹感が得られるという方法です。
名古屋大学付属病院循環器内科医師の簗瀬正伸氏が実践したダイエット方法です。
さて、キャベツダイエットの良さですが、まずそのお手軽さにあります。
また、値段もそんなにしませんのでお金があまりかかりません。
キャベツは、私たちが日常、普通に口にしている野菜ですので、誰にでも食べやすく、無理なく長く続けられることがメリットといえます。
しかもキャベツはビタミンCが豊富に含まれていますので、ダイエット中の悩みとなる肌のたるみ、しわを防いで、便秘も解消してくれます。
実際のキャベツダイエット法とは、キャベツ6/1個を毎食または朝食と夕食時の前に、10分間よく噛んで食べます。
キャベツは生でザク切りにし、それにレモン果汁を加えるとさらにキャベツダイエットの効果が高まるそうです。
あるいは、キャベツの上に納豆をかけて食べると納豆の栄養とキャベツの食物繊維がダイエットには相性抜群だそうです。
キャベツダイエット法はキャベツだけ食べるダイエット法でありません。
たんぱく質を必ず1日70グラム摂りましょう。
(例:牛乳200ml+卵1個+豆腐半丁+魚80g+肉80g)。
食べる量はキャベツも入れて腹八分目にします。
キャベツはザク切りにして生で食べる方が効果的とのことです。
また、キャベツは味付けをしませんが、しょうゆ、ソース、レモン汁、酢、ノンオイルドレッシングなどは使ってもOKです。
マヨネーズや油の入ったドレッシングはカロリーの取り過ぎになるのでやめましょう。




RSS関連リンク


キャベツダイエット


今日のダイエット・ウオッチングは キャベツダイエットです。
毎食 食事の前に生のキャベツを6分の1ほど ゆっくり食べて満腹中枢を満足させてしまうと言うダイエット たんぱく質も適量とるように指導していますから バランスの取れた理にかなったダイエット方法といえます。
同じようなダイエットにカロリーの少ない



キャベツ ダイエット 食事 2007-09-12


概要無し


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。